特定福祉用具とは?

一般に福祉用具としてオムツやいろんな用品がありますが、

介護ベッドや車椅子などはレンタルが主になります。

でも、トイレ・お風呂用の介護用品は衛生上買取りとなってしまいます


そのとき、高額にならないよう、介護保険を使って1割の負担だけで

押さえることが出来ます。

これを特定福祉用具といいます。


特定福祉用具

腰掛け便座・特殊尿器・入浴補助用具・簡易浴槽・
移動用具リフトのつり具の部分



1割が利用者負担、あとの9割は治自体が負担してくれます。


購入の仕方はケアマネジャーから薦められる業者でも、

ネットショッピングでもかまいません。

購入した商品の明細がわかる領収書(金額だけはNG)と

購入した商品の写真入のパンフレット(コピーでよい)と

申請書(役所にあると思います)を提出すると9割分が還付されます。


申請書にはこの用品を使ってどのように改善するかを

記入する欄がありますので、ケアマネージャーとしっかり相談の上、

ご購入ください。


業者によってははじめから利用者は1割分だけを支払い、

あとの役所への9割の請求代行もしてくれるところがあります。


購入には限度額が決まっており、4月から3月までを1年とし、

その間、10万円まで購入できます。

同じ種類の用品はだめですが、年度が変わると破損等

買い換えのことも考慮し購入できるようになります。


実際にどのような商品があるのかは、改めてご紹介します。

posted by り〜★ | 特定福祉用具
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。